9月29日、日曜日。富山大学でサイエンスフェスティバルと同時開催で「高校生による課題研究発表会」が行われました。

入高祭の翌日と言うことでかなり厳しい日程でしたが、3年生サイエンスの課題研究から、「我こそは」と出場を決心した3グループが参加しました。

サイエンス化学より、「扇状地の水を調査しよう」

CIMG1450-s

地域に関わる素材ということもあってか、頷きながら聴く会場の雰囲気が印象的でした。なお、発表の途中では、、

CIMG1453-s

大学の先生と、学生さんに硬水と軟水の飲み比べをしていただきました。

 

サイエンス物理より、「航空写真をとろう!byロケット」

CIMG1454-s

巧みな話術で会場の心をつかみました。特に、140m上がったロケットが雲に吸い込まれるように上昇する映像やカメラの電源を入れ忘れた失敗談などインパクトのある発表で、独特の存在感を示したといえるでしょう。

 

最後はサイエンス物理より、「風力発電について」

CIMG1455-s

緻密な実験計画とわかりやすいスライドは、非常に発表者の個性がよく表れていました。

 

発表会終了後、審査の間にポスターセッションへ。現役の学生さんに研究内容を紹介していただきました。少し難しい…ですが、興味津々です。

CIMG1456-s

 

閉会式前。結果発表が待ち遠しい様子。結果は…

CIMG1461-s

 

お見事。「扇状地の水を調べよう!」班が優秀賞を獲得!理学部長の清水先生から表彰状を受け取りました!やってくれました!!

CIMG1467-s
CIMG1470-s
それ以外の班も理学部長賞ということで、賞状と副賞をいただきました。

CIMG1475-s

秋には2年生の課題研究がスタートします。校外の発表会で評価されるところまで研究を深めることが出来るでしょうか?楽しみです。