8月22~23日に、糸魚川フィールドワークに行きました。

1日目の午前中は、フォッサマグナパークに行き、放射状に

広がった巨大な岩の枕状溶岩や、断層を見学しました。断層

の右側は、約1600年前の安山岩が多く含まれている地層で、

左側は約3億年前の岩石が多く含まれていることを知りました。

また、この近くの酒屋さんでは、左右の地層からくみ上げる

地下水の水質が違うので、上手に活用している話も聞きました。

午後からは、須沢海岸へ行き、できるだけ多くの種類の岩石や

ヒスイを探しました。さすがにヒスイは見つけることはできま

せんでした。

2日目の午前中は、岩石班は1日目に収集した岩石を切断し、

研磨した後、双眼顕微鏡で観察をしました。化石班、化石の谷

で化石の収集に取り組み、その後サンドペーパーで丁寧に研磨し

スケッチに取り組みました。

午後からは、2日間で学んだことを

スライドにまとめ、ホールにて発表を行いました。

日頃から、なかなか石をじっくり見る機会もないので、この

研修を通して、今後、身近にある石や地層に興味を持って欲し

いと思います。