7月9日に2年生は総合教育センターへ「センター実習」に向かいました。

普段学校ではなかなかできないような実験を、その道のプロフェッショナルの先生方に指導していただきます。今年は全員で揃えたコースポロシャツを着て実習に臨みました。

 

物理・化学・生物・地学の分野に分かれて、午前と午後にそれぞれ1分野ずつ実験を行います。化学の実習では入善高校の水はおいしいかどうかを、水に含まれる微量の成分を分析することで調べました。

 

物理の実習風景。ブルーレイディスクのトラックピッチを求めるユニークな実験です。「光の干渉」についての理解が深まりました。

 

地学班は、「アンモナイトを削らナイト!!」 化石を削り、削った面を観察することで、それがアンモナイトかオウムガイかが分かるそうです。

 

生物班。この大きなカエルがどうなったかは…ご想像にお任せします。

 

付添いスタッフも興奮の連続で、とにかく勉強になりました。

センター実習、フィールドワーク、そしてとやま科学オリンピックと行事が続く「コース2年生充実の夏」、いよいよスタートです。