自然科学コースは学校の外に出て, 実験や実習を計画的に行っています.
これらの実験実習を通して, 自然科学に興味・関心を高めながら探求心を育てています.
また班員と協力し実習のまとめや発表する活動を通して, 生徒の主体的行動力と情報発信力を育みます.

主な自然科学コースの校外実習は,
1年次のSPP立山宿泊研修 ,
2年次の富山県総合教育センター実習・富大連携フィールドワーク・黒部川扇状地フィールドワーク・科学オリンピック
があります.

 

SPP立山宿泊研修

富山県が誇る名山 立山 に宿泊し, 立山の地形・動植物の観察など地学分野、化学・物理分野、生物分野の3分野に分かれて実習をします.
Dsc03185
立山宿泊研修についての資料はコチラから

 

 

富山県総合教育センター実習

富山県総合教育センター実習は, 午前と午後に分けて, 物理・生物・化学・地学の4分野から, 生徒の希望する2分野の実験実習をします.
普段の授業では, 体験できないような経験をすることができます.
mini_DSC00603
富山県総合教育センター実習についての資料はコチラから

 

富大連携フィールドワーク

富大連携フィールドワークは, 初日はフィールドワークを行い、2日目には富山大学で講義を受け、2日間のまとめをします。
mini_DSC00799
富大連携フィールドワークについての資料はコチラから

 

黒部川扇状地フィールドワーク

黒部川扇状地フィールドワークは, 入善高校が位置する地形 “黒部川扇状地” について学習します.
扇状地の地形・動植物などの自然環境を観察し、身近な自然の見方、接し方を学びます。
IMGP3461
黒部川扇状地フィールドワークについての資料はコチラから